月別アーカイブ: 2018年1月

肌につけて紫外線の刺激を受ける

肌のくすみが目たつ原因として糖分を摂りすぎていないか考えて頂戴。

甘いものをたくさん食べる生活が続いた場合には、化粧や、その他のケアが完璧でもお肌が黄ぐすみを起こすことがあります。コラーゲンと糖は結びつきやすく、その結果コラーゲンのはたらきが弱まっている可能性があります。コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンが糖化したと考えています。

全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意して頂戴。美白効果を期待して、スライスしたレモンをお肌にのせてレモン果汁とオイルでパックする方法が一時期流行っていましたがかえってシミの原因を増やしてしまうので、もう誰も使っていません。レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。

シミに有効な作用を期待してレモンを摂るのなら、有効なのは食べることです。お肌についてシミで悩まされている方は多いです。シミの要因は色々あるものですが、主な原因として日焼けなどにより、お肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着が起こってしまうからなのです。日焼けだけではなく、ひどいニキビによる炎症の跡も残念ながら、シミの原因になってしまいます。「ちょっとそこまでだから何もしなくていいかな」と思わず、きちんとUV対策をすること、普段よりスキンケアに力を入れると、もうこれ以上、シミに悩まされないための防御策になるんです。あとは、食生活でシミ予防を意識することやサプリメントなどの力を借りて積極的にビタミンCを摂るのも自分でできるシミ対策として有効でしょう。色素沈着や紫斑、赤あざが生まれつきお肌にあり、昔から多くの方の悩みの種になっていました。小さい頃に、治ることはないと診断を受けたかもしれませんが、皮膚科の医療の進歩はとても速く、個人差はありますが、シミやアザなどを薄くできるケースがほとんどです。シミやアザなどがあることでコンプレックスを感じる方は、皮膚科でカウンセリングだけでも受けてみて頂戴。

それに、シミ、アザをどのように消したのかという体験談を判断材料にするのもいいでしょう。紫外線を同じ時間浴びたとします。

しかし、それにより現れてしまうシミはその人の肌の性質によりちがいます。要するに、シミに出やすいタイプの肌というものが存在しているのです。詳しく言いますと、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。簡単な見分け方は、日焼けにより黒くならず、赤くなってしまう人がそのタイプです。美しい肌はそれだけ繊細なものです。近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方は洗顔方法により改善できるかもしれません。

毛穴にたまった角栓がお肌をくすんで見せる原因となります。肌の生まれ変わりを妨げるような生活をしていると、古い角質は排出されずにたまってしまいます。普段の洗顔のポイントとしてあげられるのは、ぬるま湯を使い、洗顔料は肌のうるおいに欠かせない保湿成分の入ったもので泡で撫でるようにして洗って頂戴。

ピーリング石鹸を週1回くらいの割合で使うとくすみの改善につながります。肌にシミができてしまう最大の原因といえば紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響をもたらしているのです。

その具体例として挙げられるのは、最近になってCMで話題の「肝斑」です。この肝斑はホルモンバランスの乱れによりできるシミの代表であり、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが明らかになっています。ピルの服用によりも肝班の発症率は上昇すると言われており、その治療は紫外線によるシミに比べて困難であるのもこのシミの特長です。保湿ケアが行き届いていて、肌に潤いがあれば、気になるシミなどの色素沈着は起こりにくいのです。お肌のうるおいが保たれていれば水分と油分は最適のバランスで保たれていて、きめ細かい肌になっています。水分や油分で潤い、きめが整った肌はバリア機能も高く、紫外線による肌奥部のダメージも受けにくく、メラニン色素が増えにくくなり、シミも予防できます。シミを防ぐためにも、肌の乾燥にはケアを怠らないで頂戴。

肌にシミが増えてしまうと、実際の年齢より老けて見られるようになります。高齢になっていくにつれて、肌の回復する力が弱まり、ちょっとした日差しでも油断ができなくなるため、肌のケア、特に日焼け対策は怠れません。帽子、または日焼け止めなどで紫外線を浴びるのを防ぐのに加え、各種の野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)や果物から多くのビタミンCを、できるだけ摂るようにしましょう。顔にできるシワやくすみの要因の中で日光(紫外線)はケアしているのに、乾燥は意外と我慢している人が多いんです。

肌の健康は脂肪と水のバランスで保たれていますが、乾燥するとリフティング機能が低下して、たるみやしわとなって表れてきます。

目の周囲というのは温度が低く代謝が弱いので外部からの刺激に弱く、小皺ができやすい部分と言えるでしょう。若いころに比べるとコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が減るため、法令線に繋がる口元のシワなどができやすく、一度出来ると消えにくいのも特長です。

お肌を健康にしていくために

肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。肝臓には多くの血液が流れており、体内で産生された物質を代謝や分解して、解毒する働きをしているのです。肝臓での解毒が十分でないと、有害物質は全身の血管をとおして体内に回り、肌に悪影響を及ぼすのです。日頃から肝臓の調子に気を配ることが血液をキレイにし、お肌を健康にしていくために欠かせない要素です。顏にいつの間にか増えてしまったシワについてはなんとかできるものなら、したいものです。

さてそのシワがどうしてできるのかと言うことですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)の影響によるものです。できてしまったシワをどうこうするのはむずかしいですが、防ぐために紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)をカットできる日焼け止めを利用したり、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)対策はしておくべきでしょう。そして、もしも日焼けをしてしまったのなら、その日の夜にでも、肌を冷やしてこもった熱をとるケアを行い、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジングになっていきます。

ニキビは何度も繰り返しできやすいお肌のトラブルです。キレイに治ったからといって不摂生や暴飲暴食などを行っていると、また繰り返しニキビができてしまいます。繰り返し出来ないようにするには、お肌を清潔に保つようにし、不摂生な食事や暴飲暴食をせず、十分に睡眠を取っていく事が大切なこととなります。

肌にできたシミでお悩みの女性も少なからずいるはずです。肌にあるシミを薄くする効果が期待できる食物にハチミツがあるでしょう。あまり知られていないかもしれませんが、ハチミツの成分には沈着してしまった色素を薄くする効果が望め肌トラブルであるシミやそばかすなどを目立たないようにする効き目があるでしょう。シミにお悩みの方は身近な食材であるハチミツという手があるでしょうよ。試してみると良いかもしれません。今年もとうとう誕生日がきてしまいました。とうとう私も40代の仲間入りです。

今まではUVと安いローションくらいしか使っていませんでしたが、幾らなんでも、これまで通りのスキンケアでは足りない年齢ですよね。自分で出来るエイジングケアには色々な方法があるそうなので、調べなくてはと考えている本日この頃です。皮膚にシワができる原因というのは色々あるのですが、最も大きな原因とされているのが乾燥なのです。お肌の水分不足は、そのままお肌の乾燥につながって、シワはこうやって増えていくワケです。目尻は皮脂の分泌が少ない部分です。そのためここは他より比較的乾燥に弱いことが知られており、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。また、加齢による自然な現象なのですが、皮膚の張りのための大切な構成成分・コラーゲンやヒアルロン酸(1940年代に、競走馬の治療に使われたことがきっかけで、人の医療などにも使われるようになったのだとか)が減って行く事になり、シワ、たるみは加齢によっても増えていくワケです。肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に造られた模様のことをいいます。キメが整っている肌を見ると皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。

しかし、皮膚のバリアの役目を担う表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。

表皮の荒れを放置しておくと、表皮のもつバリアの機能もどんどん低下しますから、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになります。

真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがあるでしょうから、肌は支えを失って、肌表面にシワを作ります。肌が荒れるのは乾燥が原因のために寝ていません。お肌を守ってくれるクリームを多めに愛用するといいですね。

乾燥した肌を放っておくのはやめたほうがいいです。

出来るだけ清潔にするためには、顔を洗う必要があるでしょうが、必要以上に洗顔すると、肌を傷めてしまうことにつながります。そう考えても、朝は洗顔を行わないか、ほんの少し行なうようにするのが良いです。

美容部員さんの座談会で肌が薄い人の話になりました。肌が薄くてシワができやすい人って、一定数いるんです。同年代よりシワが多いと感じたらこれまでのスキンケアが今後も合っているのか、考えなおしてみてちょーだい。

手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は日頃から注意しておくべきでしょう。表皮が薄いと水分が保持できないばかりか時節のダメージを受けやすいので、劣化(老化)が進行しやすいです。普通にしていても皮膚はだんだん薄くなっていきますから、肌質に本当に合ったケアというのを、考えなおしてみるといいですね。乾燥肌ですので、スキンケアにはオイルのものを使うことが多いです。オイルを使用してマッサージをしたり、オイルを配合したパックを使ったり、さらに、クリームのかわりにオイルを使うので、乾燥しなくなりました。常にツルツルとした肌になれてとても嬉しく感じます。